ニュース一覧

新商品情報

ライガセンターウエイト 14g・18g

 

発売後すぐに各方面より釣果報告が上がってます!!
同じ種類ではありながらテールウエイトとは違う動きをし、使い分けることで圧倒的な釣果アップが期待できます。ライガセンターウエイトは重心が中心にある為、リトリーブを止めた時点から更にオーバードライブが入り、その後横方向へのロールダートアクションへ移行します。

2016年07月21日

新商品情報

管理釣り場の黎明期を支えてきたレジェンドともいえるスプーン瀾竜・彩斗・フーガの
トーナメントエディション!!

トラウトマイスター達の必携カラーとGODHANDS独自のカラーを掛け合わせ、至高の14色を作成!!
現在のエリアトーナメントシーンでも、高いパフォーマンスを叩き出せるスペシャルカラーです!

2016年08月15日

新商品情報

ウッドフックリリーサー・泳ぐエグザ10月より順次発売決定!!

更に発売を記念して、『ウッドフックリリーサー』と『泳ぐエグザ』の

モニターも大募集!詳しくはサイトマップのエリアモニター募集をご覧ください。

2016年09月09日

新商品情報

とうとう登場!! 第3のEXA!!!
今度のエグザは泳ぐ!!!
全長13mmの極小ボディーなのにブリブリ泳ぐ!通称『マメ』と言われる
このサイズでここまでしっかり泳ぐのはなかなか無いんです!!
さらに、劇的なフォーリングアクション!ウォブリングしながら、
キックバックフォールしちゃいます。
エグザの名前を冠する通り、フロントフックでのボトムの釣りも大得意なんです。
このスプーンに死角無し!!!

2016年09月17日

新商品情報

ゴッドハンズリリーサー第2弾
折りたたみ式ウッドフックリリーサー発売決定!!!
ギミック満載のシステムに、使えば使うほど手に馴染むウッドボディー!!
手に吸い付く様な使用感。
カラーもナチュラルウッド、ブラウンウッド、ブルー、レッドの4色展開です!

2016年09月17日

新着動画!

各地で釣れると大好評のトーナメントエディションシリーズ!!
その中でもタフった時の切り札的存在の、フーガ0.8gを使ってテスターのピストン西村が、約60cmのビッグレインボーを掛ける!
まだトーナメントエディションシリーズを使ったことのないアングラーは、ぜひ一度体感してください!

2016年10月25日

ニュース!!!

テスターのピストン西村が取材を受けたアングリングファンが発売になってます!
泳ぐEXAにfugaトーナメントエディション、そしてリリーサーの使い方等、よりどりみどりで解説してますね!
今ならまだ間に合います!!書店、釣り具屋さんをチェック!!

2016年12月03日

プールトラウトフェスタ2016

12月11日(日)埼玉県しらこばと水上公園にて開催される
プールトラウトフェスタ2016でブース出展します!
店頭では手に入らない珍しい商品も出品するかも。
テスターのピストン西村もブースにいます!
皆様のご来場を心よりお待ちしています。

2016年12月06日

ピストン動画着弾!!!

ゴッドハンズテスターのピストン西村より、最新動画が着弾!!
フーガ0.8gで釣りまくりの一部です!!
しらこばとのイベント等でフーガや泳ぐエグザ等使い方をピストン西村に
どんどん聞いて下さいね!

2016年12月07日

新商品!激カビEXA

今度のEXAは激カビ!!
アフロなEXAよりも、もっともっと起毛がロング!!
更にアピール、更にスローに、タフった時こそ出番です!!
1月下旬頃から順次出荷予定。

2017年01月09日

新商品!泳ぐEXA NEWカラー登場!!

各地で好釣果をあげている『泳ぐEXA』に早くも新色登場!!
今度の新色はスイミングに向いているカラーNo,7~No,12と
ボトムの釣りに向いているNo,13~No,15の全9色が追加です。

2017年01月09日

新製品情報

ウッドフックリリーサーに側面マグネット強化タイプが登場!!
クリップオンリールに吸着させる為のマグネットが、本体左右
どちら側にも取り付け可能になりました。ネオジム磁石を使用する
事により、磁力も強くなり、より使いやすくなりました。

2017年01月31日

新商品テスト!!

泳ぐEXAの泳がないバージョンを水槽テスト中!!
激カビ仕様です。もちろん激毛過ぎておよぎませーん(笑)
でもこれがどれだけ強力な武器になるか、考えると…ヤバいです。


ボトムバンプは下の動画になります。
こちらは特筆すべき点が!
動画中では、全てのフォーリングでカップの上にフックが立ってます!
フックがフォーリング中に立ち易いのは、収まり良く毛の間にフックの軸が挟まってる事に加え、
多分、フォーリングが遅くなってる事が要因かと思われます。
フォーリング姿勢もほぼ水平を維持してます。
テストはまだまだ続きますので、お楽しみに。

2017年02月04日

新商品 激カビイーリヤ

とうとう出ました!!激カビイーリヤ!!
ボトム専用のフロントフック仕様で登場。
もうすでに出荷が始まり、お店に並びはじめてます。
激カビEXAとの使い分けで、更にボトムの釣りがパワーアップできるかもですね。

2017年02月22日

新商品 激カビ泳ぐエグザ

激カビ3部作の最後を飾るのは、激カビ泳ぐエグザ!!
激カビの中でも、特にフォーリングを得意とするタイプです。
これからの魚が浮き始める時期にぴったりの激カビ泳ぐエグザ!
是非お試し下さい!!

2017年04月03日

ネイティブ新商品!

ライガアゼリオン登場!!
ネイティブトラウトアングラーに人気のライガツーアローズに待望の
ヘビーウエイトタイプが登場!!
より深場を狙うのもよし、ボートでのトラウトジギングにもちょうどよいウエイトです。
更に、ソルトにもお勧め!サーフからのヒラメ狙いや、ショアジギングでの青物や、
シイラなどにも有効です!!

2017年04月03日

ネイティブ新商品2

ネイティブ系のスプーン、彩斗フィールド、渓相瀾竜、ライガツーアローズに
UVカラーがついに登場!!

日中のタフった時間もこれで決まりですね。

2017年04月03日

中禅寺湖のモンスター!!?

『水深15m、1時間半に及ぶ激闘』中禅寺湖のモンスター!?

これは2017年4月9日日曜日の出来事である。
前日の土曜日は、RAiGA14gのセンターウェイトばかり使ってたので、昨日日曜日はテールウェイト縛りで行こうと決めておりました。
センターウェイトタイプはロッドを寝かせてのストップ&ゴー。つまり水平引き。
テールウェイトタイプはロッドを立ててのリフト&フォール(ロッド操作ではなく、リール巻きで)。
つまり縦のアクションに向いていると考えています。なので昨日はテールウェイトのリフト&フォールで。朝一からブラウン36cmレイク45cm他、虹、ほのぼの・・・。
反応まず良し!そこそこ満足でき撤収時間も近づいてきたので、土曜日の復習をしようと
RAiGA14gテールウェイトからセンターウェイトタイプにチェンジ。カラーは最近お気に入りのGBO。
場所を変えストップ&ゴーで攻めること数投目。
ガツン!っとラインが止まった。
『わ!根掛かり!』
それが1時間半に及ぶ激闘の始まりだった。
何度か外そうとテンションはずし等やってみたが外れないので諦めて、最後の手段でラインを引く事にし、ロッドを寝かし身構えた。
その時…『ん?今、ライン引っ張られた?』
ロッドごと持って行かれる感覚が有ったのだ。確信は持てなかったが、もう一度ロッドを構え直しロッドを起こそうとするが微動だにしない。
『やはり気のせいか・・・。』
根掛かりを外す要領でもう一度、竿先だけピンピンと動かしてみた。すると、「クン。クン。」と魚信が返って来たではないか。さらに続けて、ジワリジワリとラインを持って行く。
『間違いねえ!魚だ!』
ならば勝負とロッドを起こしに掛かるが、何度繰り返しても到底浮いてくる気配もない。あまりに動かないので心配になり、その度に竿先で聞いてみる。「ププン。」と魚信が返ってくる事もあれば、ジワリジワリと水深を下げて行かれるかで、ラインの向こうには間違いなく魚が居ることを感じられる。
しかし走ることもなく、ただゆっくりと真っすぐに水深を下げて行く。ラインは1号PEに16lbフロロ。ロッドはPhalanx Addirion 10.06ftロッドを根元まで曲げて浮かせようとするが、こちらに寄ることはない。一進一退どころか、じわりじわりと負けが込んでいく。
『こりゃとんでもないヤツを相手にしちまってるぞ。』
焦ってもどうにもならんな。一服などしつつ、相手が走り出すのを待つことにした。
相手が走ればチャンスがあるかも知れない。ラインテンションは緩めずに3服した。お茶も飲んだ。
途中何度か勝負も掛けてみた。途方に暮れ、同じ湖畔に立っているであろう丸湖の吉澤さんに電話もした(釣りをしているのであろう。出ることは無かったが。笑)。
時計を見てみる。7時に魚を掛け今はちょうど8時。すでに1時間が経っていた。そろそろ撤収しなければならない時間が迫っていた。9時にはトイレに駆け込まなきゃならん。(笑)
どうやら勝負せねばならん時間が来ちまったようだ。渾身の力を込め、体全体を使いエビ反りになりながらロッドをギリギリと引き寄せる。これを繰り返しながら、ドラグを徐々に締め込みほぼロック状態にした。ほんのちょっと・・・5cmにも満たないが、少しずつ浮かせることが出来た。
ラインの出を見ればそんなに深い所の勝負をしている訳ではない。それでも10mはあろうが。その内の5cm。とにかくこれを繰り返すしかない。
『プン。グググー。』
お?今の感覚はなんだ?
今までと違う感覚が手元に伝わった。口に掛かったスプーンの向きでも変わったのだろうか。とにかく、後のグググーの方で一気に15cmくらいは浮いた。
よし!これを繰り返せば姿くらいは拝めるかもしれん。そう思い始めた矢先だった。
ブッツン!
「わ!!」
思わず叫ぶ。俺の声が湖面に響き渡った。
1時間30分が過ぎていた。途中、魚信を確認しているビデオを3回撮っている。
アップしようかとも思ったが、もう一度勝負してみたい。ので、アップは控えることにした。
ま、もう少し手頃なヤツでいいんですがね。
漁協さんが回って来たので話をした。聴きたいと言うので、1時間半に及ぶ激闘の一部始終を最初から最後まで話した。(笑)
あのクラスは、岸からはほぼ獲れないそうだ。船ならば、沖に向かってゆっくり引いていけば浮いてくることもあるそうで、そうやって獲ると言ってました。

2017年04月12日

RAiGA TwoArrows中禅寺湖攻略

RAiGA TwoArrowsのテールウエイトタイプとセンターウエイトタイプの
タイプ別中禅寺湖基本攻略方法です。

2017年04月17日